コメント数: 2, 小説 ID: n127
灰色の過去((排気ガス

灰色の過去((排気ガス

(19/01/07 1:29:14) [ID: caafc71d]
名前
コメント
2:排気ガス [19/01/07 1:39:32] ID:caafc71d
「よぉ。俺は、排気ガス。…街の公害さ。」
1:排気ガス [19/01/07 1:38:46] ID:caafc71d
名前を汚したく無かった

「××××…____」

断る理由が見つからなかった
今ではコイツが無いと生きていけなくなってしまった

変えようが無い未来
どうしようも無い自分

存在の意味すら分からなくなった俺は

「ガスクン…____!!」

ガラクタと出会った
今ではソイツが居ないと生きていけなくなってしまった

曲げようが無い運命
あってはいけない奇跡

「レンジ。」

俺は、お前が居れば何だって出来る気がするんだ

小説の削除

削除キー