コメント数: 6, 小説 ID: n128
☆の輝く夜空を見上げ.星夜

☆の輝く夜空を見上げ.星夜

(19/01/09 22:11:39) [ID: 50e5f01a]
名前
コメント
6:星夜◆uNMEhQxxrs [19/01/09 22:30:13] ID:50e5f01a
自分のイメ画を見てパッと思い浮かんだ物です。
5:星夜◆uNMEhQxxrs [19/01/09 22:29:24] ID:50e5f01a
「ん…?なにここ…?」

そっと髪掬う。すると美しい茶髪が指に絡む

僕はそれを見て柔らかく微笑んだ

「作者ー?行くぞー!」

恋愛感情ではない愛しさを感じるようなその声に僕は向かう。

"星の舞う青空"を見て
「今日もいい天気☆」
と呟いた。

4:星夜◆uNMEhQxxrs [19/01/09 22:25:42] ID:50e5f01a
(もう…夜…)

さっきまで夕方だったのにいもう夜だ。いつもより星が多く感じる、北斗七星と言う言葉が脳裏をよぎった。

それと同時に声も大きくなる

____貴方は私の事をどう思っているの______

「…このへん…から聞こえる…………あっ…」
3:星夜◆uNMEhQxxrs [19/01/09 22:23:06] ID:50e5f01a
最近心が"震えない"、この頃はまだにわかだった、RUさんが一番大好きだった頃だ。

「どこから聞こえてくるん?」

かすかながら聞こえる声を頼りにどんどん歩く。
2:星夜◆uNMEhQxxrs [19/01/09 22:17:53] ID:50e5f01a
(明日も学校、か…)

時に色々な物を投げ出したくなる時がある。
それをクッキー☆や東方を見て、描いて、聞いて宥める。
最低最悪なサイクルである。

「_______えっ、」

僕は思わず振り向く、その反動で少し紅茶はこぼれる

今はそれどころじゃなかった

(今…一瞬『星空』が聞こえたような…)
1:星夜◆uNMEhQxxrs [19/01/09 22:14:08] ID:50e5f01a
いつからだろう僕が『星夜』として生きているのだろう

「ふー…今日はこれくらいにしとこうかな、明日はRUさんでも書こうかな。」

作業を終わりそっと紅茶を飲む。シュガースティック5本とガムシロップである。

小説の削除

削除キー