コメント数: 5, 小説 ID: n262
意味

意味

(19/06/15 14:13:54) [ID: 99365b50]
名前
コメント
5:ふらわぁ [19/06/15 14:28:38] ID:99365b50
おしまい
4:ふらわぁ [19/06/15 14:27:56] ID:99365b50
わたしのことを必要としてくれる人なんて誰もいない。

きっと一生みつからない。

誰かの代わりに使われて、いらなくなったら捨てられるだけ。

都合のいい道具なんだよな。

だったら、もういっそ。
3:ふらわぁ [19/06/15 14:25:41] ID:99365b50
やがて、どこにも居場所がなくなった。

でも、二人のうちの片方は、

都合が悪いときだけわたしを利用してくるの。

その二人のうちの片方が居ない時とかね。

酷い話だよね?

わたしって何なんだろ。

何のために生きてるんだろ。

誰のために生きてるんだろ。
2:ふらわぁ [19/06/15 14:22:11] ID:99365b50
嫌悪に耐えられなくなった。

でも大丈夫。だって、わたしもあの人たちが嫌いだから。

嫌われても、怖くない。大丈夫。大丈夫。

だけど、

わたしなんかよりずっと人脈の広いあの人達は、

皆を味方につけた。

少ない味方は誰も居なくなった。
1:ふらわぁ [19/06/15 14:19:40] ID:99365b50
わたし、

学校で嫌われてるの。

同じ部活の子がクラスに二人いて、

二人ともわたしが嫌いなの。

わたしは何にも悪いことしてないのに。

…なんて、言うと思った?

違うの、わたしが悪いんだ。

わたしが我が儘だから。

でも辛いの、共通の嫌悪を向けられることが。

小説の削除

削除キー