コメント数: 13, 小説 ID: n329
企画の為のリハビリ

企画の為のリハビリ

(19/10/07 0:30:13) [ID: 4777217c]
名前
コメント
13:猫山羊 [19/10/07 17:26:47] ID:4777217c
マイティ
とある国の幹部であり外交官、能力者
夜の見回りを好む

※このキャラはとある人物を元に作られています※
12:猫山羊 [19/10/07 17:24:15] ID:4777217c
この世界は他の国からするとファンタジーらしい
選ばれた者、そしてこの子孫である僕はひとつ能力を持っている
死体操り、ネクロマンチスト?マンサーだっけ、まぁどちらでもいいか
この国、僕らが治めるこの国は勿論、有力情報やずば抜けている戦闘力もある
滅ぼそうとする奴等が城壁前で死体になっている事がある
神出鬼没という言葉が似合うあの緑の子だ
夜、月明かりが照す、城壁の上に立ち歩き、見張る
誰かが来ればその死体を有効に使えるし攻撃しても死体は死体
僕にダメージなど入る筈もない
「さて今日も明日も仕事仕事~と…」
殺伐とした世界で僕らが守り作る平和
11:猫山羊 [19/10/07 17:18:23] ID:4777217c
角砂糖×つ入れて
甘党、可愛らしさ、か弱さ
女子なら必須、男子なら邪魔
僕は男だけど持っている、職業柄かな
淡い茶色、というよりはミルクティー色の髪は長く伸ばし、前におろしてひとつにまとめる
緑に瞳が猫のように縦長な目も、宝石のように光が当たり入りやすい
伸長は成人一歩前だと言うのにそこらの学生と同じ、又それより低い
騙し騙されの世界で生きる僕にとっては生きやすさを選んだ、
ふわふわとふざけてるように見えるだろうが僕は真剣だ
10:猫山羊 [19/10/07 17:12:41] ID:4777217c
金目獣
俺も混ぜろ君

変目獣
ワシ
9:猫山羊 [19/10/07 17:11:50] ID:4777217c
変眼獣
俺らを仕切る筆頭的存在、
紫と黄のオッドアイ、それならいいんだけれど
何処をどう見てもムラが無く、人間とはかけ離れた目だからと命を狙われた一人
俺を救ってくれたのもこいつ
そして俺とこいつとあと二人で此処を仕切る幹部っていう存在だけれど
俺と同じ唯一の混合獣他はハ虫類や鳥類でね…
誰よりも強い意思をもち自分を突き通す、
悪く言えば、やるべきことは手段は選ばない
かな…

そんな昔を思い出す、こいつは何処かに行った
片眼鳥の彼奴は行く事を日付も伝えいったのに
あいつは急にいなくなった
それだけなんだ
8:猫山羊 [19/10/07 17:06:24] ID:4777217c
金眼獣
両面が金色それだけで命が狙われる
それにただの獣ではないしなぁ…
主には虎、所々兎のような造りになってる、見た目は虎だけれどね
早く走れる、高く跳べる点はとても使えるしなんといっても逃げるのには持ってこいだ
まぁ、俺は魔力をもってて人型になれるのだけれどね
見た目は…そうだね、金と茶の髪、服はまぁそこらにある様な物
金の目を隠すために黒目を最大までに大きくしてる、まぁ…人間技ではないよね
そんな俺の仲間もみんなそう楽しく暮らせればなとは思っていたな
7:猫山羊 [19/10/07 15:36:31] ID:4777217c
キャラ
シュガー・カバム・ケーク
フォークに食べられたくないがため、フォークの殺戮魔となったケーキ
6:猫山羊 [19/10/07 15:35:26] ID:4777217c
いつからこの様になったのだろう、世界は、人類は、
人種はケーキとフォーク意外居なくなってしまったし
私は相変わらずこの見に赤黒い鉄の味のシロップを浴びる
これが日常になる恐怖
そんなのはもう気にもしない
考えたら敗けだ

フォークを喰らうケーキ
5:猫山羊 [19/10/07 15:27:41] ID:4777217c
※ケーキバーズ世界軸※

ケーキは特殊な人種、あまいあまい人種
フォークはそんなケーキを食べる人種
逆にフォークを食らうケーキの人種

正当防衛、殺される前に○す、ただ自分を守っただけ、正しい
そんな言葉では許されるのだろうか
フォーク、否、原型もない赤黒い物を見下ろして思う
私はケーキという人種らしい、ケーキはフォークに喰われ亡くなる事が多いらしいが
私は強い、自分は生き残りたい、フォークとナイフを巨大化したような凶器を手に持ち今日も生き残る
4:猫山羊 [19/10/07 14:44:08] ID:4777217c
補足、
類ぱぱ 名 多友世 類
特殊な保育園を経営している園長

狂能
見た目は大男だが強いショックを受け五才児と同じ頭脳になる、後遺症

出てこなかった、小宮 春助
類と狂のお母さん的ポジション

独りぼっち家族
3:猫山羊 [19/10/07 14:40:44] ID:4777217c
いつの間にか家族、独りだけの世界ではどれだけ嬉しいことだろう
自分の手にある赤髪の下にはにんまりとした笑顔をした可愛い顔がある
見た目は大男なんだけれどな、と狂能について思いながら

狂いに狂った異常な能
きょうのう
2:猫山羊 [19/10/07 0:33:34] ID:4777217c
るいぱぱ~~!!
そう呼ばれてふと目を覚ます
そうか、寝てたのか…最近疲れもあったからだろう
「狂能どうした」とマゼンダに近い赤髪をわしゃわしゃと撫でる
1:猫山羊 [19/10/07 0:31:15] ID:4777217c
短編集的なやつ
本題を書く前のリハビリ
画像は勿論関係無い
見ない方がマシ

小説の削除

削除キー