コメント数: 11, 小説 ID: n359
【不色異変】戦闘シーンたくさん練習.星夜

【不色異変】戦闘シーンたくさん練習.星夜

(19/12/22 19:38:29) [ID: 1e990950]
名前
コメント
11:星夜 [19/12/22 22:04:01] ID:1e990950
スペルは後程
10:星夜 [19/12/22 21:45:08] ID:1e990950
互いに回復スペルを掛け合う。

「中々やるじゃないの…あんた。」
「お互い様です。」

柄ではないが、拳をぶつけあう。

「また今度やりあいますか?」
「いやぁ…流石に大腸破裂するようなやつとはもう嫌よ…」
「と言いつつ私のスペルで治ってますが」
「ふふ、お互い様よ。」
9:星夜 [19/12/22 21:41:19] ID:1e990950
ギャルルルルルル……

「『療符』纖月の尖端…!」
ぶおぉ…と紫の風が吹く。暗い中二つの光が現れこちらに来る。ギャルルルルルという音が大きくなる
「っぐ…!?」

速い!?………私の腕は見事に一つ無くなった
「きゃはっ♪私のこと舐めてた?今の避けてくれなきゃ、死んじゃうよ?あははははっ♪」
「少々舐めてました……でも貴方も舐めてますわよ。」
「んなっ…!?」
霊夢の足がスパリ、と切れる。
「足なんか切っても空を飛ぶから意味が………ごぷっ…!」
口から血を吐く、霊夢。貴方の内臓…少々いじらせてもらいました。
「お…まえ…っ!調子に…乗るなあああああああああああぁぁ!!」
「かはっ!?」
下半身が無くなる。でも、左手があれば十分…貴方の内臓を広くすれば…

「あ"っ、や、あ"………ぐぎゃあああぁ"ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"!?」大腸を大きくして破裂…それで下半身と上半身を引き剥がす…我ながら酷い。…その後、二人で荒い息を吐く

「はぁー……『慈愛』有明月の光……」
「ふぅ…はぁ…『小時』時計の針のセレニテ…」
8:星夜 [19/12/22 21:21:12] ID:1e990950
「『拡縮』血の継承」

時を止めてある間に自分の力を拡大する。私はいじったのは心の部屋。部屋の広さを変えるのは得意なんです。
時を速めるのは部屋を狭くすること
時を遅めるのは部屋を広くすること…
時をいじらずともこの程度…容易い。

「4分59…5分..解除。」
「……ふふ……あなたも力を増したのねぇ、止めていた時間、5分じゃなくて5分0.1秒でしたもの。」
「じゃあその退屈させた0.1秒、御返ししなければ」
「時間が止まってたんだからそんなのいらないわよ。」

こんな小話をしつつ、鞭とナイフがぶつかる音は強くなっていく。

「!?」

ピッ、と霊夢の顔に線が付き赤い雫が溢れる

「油断しましたか?霊夢様」
「……そうね、あんたもあの女と同じように二つに出来るものだと思ってた……本気。出すわよ…♪」

霊夢の目の色が変わる。ここからが本当の殺し合いだ。
7:星夜 [19/12/22 20:44:26] ID:1e990950
とある昼下がり
「あなた、それ私に喧嘩でも売ってるの?」

私がこの言葉を放った意味。それはこのメイドにある。
やけに人にくっついて、世話焼いて。まるで私が本当に独りじゃない。

「そのつもりはありませんわ。…鞭を向けるのはお止めになって。」
「ふん、チェーンソーじゃないだけ良かったわね。」
「……それは宣戦布告と言うことでいいのでしょうか、霊夢様?」
「ふふ、やりあう?…咲夜、あなたそういうの好きでしょう?」
「ふふ、そうですね、お手柔らかに……いきますよ。」

ヒュンッと空に飛び上がる。

「さ、私は最初から飛ばすわよ?『虐符』新月の帳…!」
「ではこちらも。『年止』ル・タン・サレラ」

時が止まる。しかし新月の帳を使った霊夢の身体能力がすごいのは咲夜は知っている。月の力…興味深い。
それならこちらも強くなるしかない。
6:星夜 [19/12/22 20:30:55] ID:1e990950
『賭符』テイクアリスク
脳内で賭けの宣言をする。基本的に確実に勝つものだけ。ただ勝つ確率が低いほど強くなる。たまに羽目を外して自分にぶち当たる。

『依存』おーばーどーず

イメソンの名前、おーばーどーずは過剰摂取。使った瞬間は理性が無くなる。相手の理性もなくなる。
その後は謎の感情に流されて何も出来なくなる。その間は大量のトランプのマークが飛び交い避けるのは困難。流さる感情によっては言葉で回避できる。
5:星夜 [19/12/22 20:24:07] ID:1e990950
スペルカード説明

この世界にはスペルカードルールはない。戦いは常に殺し合い、スペルカード自体はあるが、特に意味を成さない。

『幻覚』アリスインバエーセデッレメラヴァリエ

「バエーセデッレメラヴァリエ」は不思議の国という意味。幻覚と狂気から作られたトランプの兵隊が襲う。精神はそうでもないが外傷が酷い。

『消符』エアゲープニス

感情等の精神から出来た段幕をはねかえしたり消したり出来る。エアゲープニスは『(消す中で)結果』と言う意味。
4:星夜 [19/12/22 20:16:01] ID:1e990950
うう"…っ!理性……が……ん?…理性……?理性に影響するということはあいつの中に感情が…あるのか?

「あ"っ~……はっ~…あ"ー……ひぎぃ…あ"ー…はぁ……はぁ……はーっ…ひぐっ…う"っ…」

…なるほど、そういうことか……あたいは理解した。きっとこの話を読んでるやつには分かんない。あたいはあいつにそっと手をさしのべる。

「ごめんな、その……あたいがお前のぬいぐるみ盗ろうとしたのは悪かった、ただ…」
「ひっく…ひ……っ…ぃ」
「そのそろそろ泣くのはやめろ、まじで。お前みたいの泣いてると流石のあたいでも罪悪感やべぇ」
「うん……やめ、た!」
「………はえぇよ。まぁ、良い、この世界はスペルカードルールないから手加減してくれ…なぁ~んて言うとでも思ったかばぁーか!!じゃあな、クソガキが!」

あいつはあたいが去ったあと、あたいが握った手を開く。
「!、いちご…くだ、もの!」
3:星夜 [19/12/22 20:05:26] ID:1e990950
「『幻覚』……ありすいん…ぱえーせでっれめらヴぁいえ……♪」

ぬいぐるみから"黒い"光が出たと思ったら、その黒い光がトランプの兵隊に代わる。それが武器を向けて突撃してくる。

「『消符』エアゲープニスっ!!」

そっと松明をかざしてスペル宣言をする。よし、読み通りこの兵隊は感情でできている!さぁ!やり返しだ!

「『賭符』テイクアリスク!……だけどあたいは負けないっ!リスクを負うのはお前だけだ!」

大きな段幕を放つ。これは避けられまい。なぜならあたいはもう"勝っている"、賭けに勝てなかった者は潰されるだけだ。

「『依存』おーばーどーず……♪……あはっ、あは、ひ、は、は"、あひっ、あはっ、あはははははははっ!!」

黒と赤のトランプのマーク!?なんだこの…楽しくなるのは、ダメだ狂気になる、理性が…!?
2:星夜 [19/12/22 19:47:10] ID:1e990950
「………っぐ!」

兎やら割れたカップやら卵やらトランプやら…あのガキが持ってる猫から飛んでくる……!

「あはっ♪あははははははははははははっ♪♪あはっ、ひっ、いひゃっ、はーっ♪」
「いつものことだがあいつ頭狂ってやがるのか…!?頼む…あたいの松明が効くなら効いてくれ…っ!」

スッ、とガキにあたいの松明を向ける。やり返しもできなくはない…
でも……これはあたいが悪い…こいつ頭悪そうじゃんか!でも、でもでも、ぬいぐるみ盗ろうとしただけでこんなに攻撃するか!?

すっ、とぬいぐるみを持ち上げるガキ、ああ…嫌な予感しかしない…!
1:星夜 [19/12/22 19:41:06] ID:1e990950
あてんしょんぷりーず

グロいのある

自分の子ばっか

自分の子以外戦い方提造(キャラシ参考)

まさかの新設定

小説の削除

削除キー