コメント数: 116, 小説 ID: n441
【渋谷事変】口調練習 /黒尾

【渋谷事変】口調練習 /黒尾

(2020年10月18日 21:03:54) [ID: 7cafc137]
名前
コメント
116:黒尾 [2020年12月5日 8:33:44] ID:08ad3d96
テルテルちゃんの殺意で桃ちゃん起こせて良かった人生でした☺️☺️

桃ちゃんとメリーちゃんはあれかな??マルスの地雷野原を疾風の如く駆け抜けるスキル持ちなのかな???最高ぢゃん

防衛隊長のキャラがネタ寄りになりそうになってきた(?)から口調練習しようそうしよう
115:黒尾 [2020年12月4日 21:54:28] ID:e5615b4a
.
「我が儘を言ってはいけませんよ」
と宥めるように言うのは、円卓の一角に座る 金髪を後ろで結った蒼い瞳の(声的に)男。(名前はアーサー=ディートリヒ、か)持っていたタブレットの中身に隊員名簿の確認アプリが搭載されていたらしい。第二部隊防衛部隊隊長。顔写真も載せられている。ここである程度幹部の名前と顔を一致させておこう。 タブレットに載っている証明写真にもある柔和な笑みとは裏腹に「貴方は秘密裏に隊員を3人殺しておいて尚、まだ死にたくないと言うのですか?…というか、まあ、秘密裏と言っても、露見してしまえば意味が無いですけどね__ともかく、私はこのクズの処刑に賛成ですよ」そう言い捨てると フフ、と黒い笑みを浮かべる。「防衛隊長さんはなんだかすごく口が悪いですね。紳士の真似事をしている割には心が狭いというか…でも残念ながら私も彼と同意見です。何が目的か分かりませんが、隊員を殺害した上に機密情報を盗もうとするなんて…貴方も可哀想な理由があるのだとは思いますが、規律違反を見逃すわけにはいきませんから」アーサーの言葉に皮肉めいた風に口を挟むのは、アンクルのような片眼鏡をかけた女性。山埜葉 八都寧。第一部隊医療部隊隊長…「なぜ会議室に豚が混じっているのだ?豚は大人しく養豚場で肥えておけばいいものを」と、アーサーが言えば「あら、アーサーさん、仁王立ちしているうえに肺呼吸もできたんですね!おめでとうございます!」「輪切りにして盛り付けられるのがいいか 丸焼きにされるのがいいか トンカツにされるのがいいか選べ」と、どうやら犬猿の仲らしい2人が個人的な論争を繰り広げようとしたところに割り込むようにひとり、手を挙げた。会話のキャッチボールが変化球すぎてどこで誰が口を開いているのかわからないがギリギリ追いつく。(というかずっと首根っこを掴まれているスパイの方が気の毒に思えてきた。)まあまあ落ち着けとアーサーと八都寧を宥める第一補佐官の時塚紫雨を横目に、第一部隊戦闘隊長…イグニス・エスペランサは口を開く。「アタシも前の御二方に賛成ね。逆に、それほどの罪を犯しておいて生きていられると思う方がおバカさんだと思うけど」紅い髪が眩しい"彼"…イグニスは、『彼』なのか『彼女』なのかどうか分からないが さっきの大男…イーリスより若干大きいのがわかる。それと 失礼ではあるが彼より威厳というものを感じられる。「というか、聞くまでもなかったな」と処刑人…じゃなくて、マルス。「ここに居る大半の者は、お前を処刑することを望んでいるだろう。俺の独断で斬った方が もっと早くに片付いたかもな。…何より、お前をぐずらせたせいで俺のコートの裾が涙と鼻水でベチョベチョだ。…そこの新人、よく見ておけ。裏切り者は__こうだ。」

そう言うとマルスは裏切り者の髪を引っ掴んで、鎌をスパンと一閃させた。断末魔をあげる余地なく切られた首はころころと円卓の中心に転がり落ちる。外で『あー寒気する、おえ』と身震いする第二補佐官はさておき…「新人、…ええと、テオといったか。お前、中々メンタル強いな」頬に飛び散った返り血を拭いつつ、マルスはひょい、と円卓を跨ぎ飛んでテオの前まで歩いてくる。「ココ最近の新人は 処刑する場面を見せると 嘔吐したり腰が抜けたりでメンタル的に全然戦力にならない奴ばっかりだったからな。…非戦闘員も必要と言えば必要だが、いずれは引き抜きで戦闘員になるだろうし…とにかくまあ、色々と助かる、」いまさっき代表室から出たばかりだな?案内するから来い と 血と鼻水と涙で汚れたコートを脱ぎ捨て、部屋を出ていった。他の隊長達もぞろぞろと部屋から出ていく。
(隊長とか補佐官全員を喋らすのには無理があったと思った瞬間😭)
114:黒尾 [2020年12月3日 20:54:52] ID:a9287264
.
「割と楽しいんだと思う」

本当にうなじを切ったのかというと、もちろん切っていない。組織内での殺戮も御法度であろう。切ろうものなら今すぐにでも"処刑人"とやらが飛んでくる。書類に書いてある通りなら、多分。
テオの返答に 興味無さそうに ふうん、なんて男は言った。聞いておいてその反応はなんだ、その反応は。…とそんなことはどうでもいいか。
大きな扉にもたれかかって腕を組んでいるその男は顔がよく見えない。前髪が邪魔だ。…しかし、男の方はこちらの状況をすぐ理解したのか、
「あーぁきみ新人くんだね。__ここ、見ていく?」
"あ、俺はこの組織の偉い方の人ね、まあ名前は覚えなくてもいいよ" と 軽く挨拶を済まし、扉を拳でコツコツ叩く。ひらけゴマとかそういうしょうもない遊びならしないぞと構えたが、そこでギィ…と会議室の扉が少し開いた。すると 『今は弾劾裁判中だと言っただろ。…それか、ようやくお前も返り血を浴びる気になったか?』凛としていながらも物騒な声が聴こえる。(弾劾裁判__) 偉い方の人と名乗る男の方は、「そんなワケないじゃん?…新人くんがね、会議の風景見たいって言うから、さ、ほらいってらっしゃい」と半ば強制的にテオの背中を押して会議室へ押し込んだ。

「…………」

先程まで騒いでいたらしいその場は 1人の新人隊員が投げ込まれたことにより 一瞬、静まり返る。そんな中、「会議の観覧なら隅っこでしておくように。…万が一の事があったら危険だからな。」と口を開いたのは、(ドーナツのように真ん中の空いた)円状になった机の中心で 右手に、膝をつく男の首根っこを掴んで立っている男だった。左手には 真っ黒な鎌。この人が("処刑人"、か)…。まるで死神のようだ。首根っこを掴まれている彼は裏切り行為をしたのだろうか。自業自得なのだろうが怯えて震えているのがなんだか気の毒だ。そしてその円状の机…所謂、"円卓"に出席しているのは、黒白の相対するスーツを着た、隊長や、補佐官…だが、おかしい。書類通りならこの死神の彼以外に8人居るはずなのだが1人足りない。…だとすると、想像がつく。扉にもたれかかっていたあの男が残りの空席の1人だろう。と、そんなテオの考察をよそに、"裏切り者"は涙と鼻水を垂らしながら声を大にして叫ぶ。自己中にも程がある言葉を散弾銃みたく飛び散らす。「死にたくない!!死にたくないんだよお!!!!」
113:黒尾 [2020年12月3日 18:49:14] ID:a9287264
(ただの捏造かつ意味不明かつ無駄に長いかつキャラ掴めてないかもしれなくて本当に土下寝)

Camelot本拠地高層階。

Camelotの活動のお陰で治まりつつあるとは言うが飢餓地域の方が通常の都市よりはるかに多いこの国で、一体全体どんな方法で建てられたのか分からない最新鋭の施設内の、更に上層階を歩くのは、先程代表室から出てきたテオだ。両手には『好きに使いなさい』と気前よく渡されたうっすいタブレットやこの組織の決まり事などが記載された書類の束、そして小型イヤホン型の通信機と、己がCamelotの者であることを証明する隊服…スーツを抱えている。(折角タブレットがあるんだから ここに必須事項など送った方が効率が良くないか?) なんのための最新鋭施設なんだか…ちょっとした噂を小耳に挟んだだけだが、やはり代表はそういう部類の変人なのだろうか。なんて脳の隅で考えながら、渡された書類をぼんやり見つめ、蹴躓かないようにゆっくり歩く。

("『裏切り者』は円卓にて弾劾裁判にかけ、補佐官、隊長の多数決により 有罪が決まれば即時処刑する"__)
ふと目に飛び込んできたのは、組織内でのスパイ行為に対しての摘発と対策の説明だった。いやいくらなんでも執行猶予無しにその場で死罪にして良いのだろうか…否、このCamelotという組織が国を護る唯一の機関であるからこそ そういった処罰も厳しくしないといけないのだろうか…にしても、「広いな」
理由は大体想像がつくが、代表室はこの建物の最上階にあり、代表室の1個下の階に降りる手段は階段のみなのだ。そしてその1個下の階…"会議室"のある階は、階段とこのフロア以降のフロアへ繋がるエレベーターがなぜかフロアの真反対の方向に配置されている。これもまあ、理由はなんとなく想像つくのだが、ただでさえワンフロアがばかでかいのに億劫なことをされてはたまらない。(仕事面以外でストレスができてしまいそうだ)
長く広い廊下をさっきよりは少し速く歩く。のろのろ歩いていては日が暮れる。…それはさすがに冗談だが。なんて誰も聞いていないジョークが馬鹿らしくて、ふ、と笑うと「なに笑ってんの?…楽しそうだね」と横から重低音がした。 不意にかけられた声に少し驚きつつも横を見る。デカい。すこぶるデカい。まるで超大型巨人に睨まれているようだ。いますぐうなじを切らねば。心臓を捧げよ!(※冗談)
112:黒尾 [2020年12月3日 18:32:41] ID:a9287264
アクスちゃん好戦的(?)で助かるなー!!
バチバチの正面戦闘男(アーサー)たちと仲良くしてね(????)
111:黒尾 [2020年12月2日 18:33:14] ID:f3160ac3
黒尾のキャラ全員生徒に見えないの草(もしかして:老けてる)(大正解)
(パンが)came(来る)lot(たくさん)の活躍が楽しみだや…🥰妄想だけで明日のテストがんばれる💪( ᐛ 💪)
110:黒尾 [2020年12月1日 20:21:18] ID:9ecf8d64
夢見ちゃんを愛した(永遠の愛)(そして花咲き誇る)(????)

なんだそのワクワクが止まらねえ学パロ物語は…すきだ…
109:黒尾 [2020年11月30日 21:58:18] ID:6a1018c4
オネテル死ネタ(?)
.

『大丈夫だ』


それが彼の口癖だ。

「アンタ鼻血出てるわよ」
「大丈夫だ」

「立ったまま寝てるじゃないの」
「……ぐう(訳:大丈夫だ)」

あの子が大丈夫って言う時は大丈夫じゃないんだよと第二部隊の大将首に言われた。…否、そんなこと言われなくともわかる。血がぼたぼた垂れているというのに表情ひとつ変えずに帰還したことがある。…だから、またいつもの『大丈夫だ』を聞けると思っていた。

「少し、疲れた。…肩を貸してくれないか」

そう背後から肩にのしかかられる。やけに頭をおしつける力が強いワケは、顔だけ振り向かせてみてわかった。「…アンタ足がないじゃない」

「…大丈夫、」

じゃない…と聞こえたのは気のせいだろうか。彼はもう二度と喋らなかった。
108:黒尾 [2020年11月30日 15:47:09] ID:1eabbcfc
夜の大運動会で笑ってしまった() マルマル枯れそう(物理)…生きて帰ってこいよ……(????)
107:黒尾 [2020年11月29日 18:36:05] ID:0d9f9f30
れおネキとハツネちゃんの競い合い(?)い〜じゃん!!黒尾も混ざりたいな〜〜(なおボロクソに負ける)(知ってた)
自キャラだとどうなるか↓
【イーリス】握力→50以上(小四の時の担任がそうだった)
ハンドボール投げ→グラウンドの外(小四の時の以下略)
50m走→6秒くらい
シャトルラン→100くらい なんてったってスパダリだもの(くそ)
おれの友達が運動部でもないのにシャトルラン100超えてたし普通にそれくらいはあるかなあって言うあれ
【マルス】握力→23(圧倒的赤ちゃん☺️☺️)(Camelot内腕相撲最弱王になる未来)
ハンドボール投げ→20m(圧倒的女子☺️☺️)
50m走→6秒前半(速め)
シャトルラン→70くらい 反復横跳びにおいて右に出るものは居ないと信じてる(ティニくんは別)
【アーサー】握力→ゴリラ。
ハンドボール投げ→50mくらい
50m走→7秒前半
シャトルラン→80以上 多分こいつは長座体前屈が圧倒的に出来ないと見た
【エンプティ】握力→40(そもそもマルス以下だとガトリング持てない✌️✌️)
ハンドボール投げ→20m(なお黒尾よりはマシ)(ハンドボール投げの記録1桁)
50m走→8秒前半(黒尾よりはマシ)
シャトルラン→40程度(黒尾よりは以下略)
バランス型(????)

テオくんも全部満遍なくこなせそうな気がするんだけど誰か解釈一致の人は居ませんk
106:黒尾 [2020年11月29日 16:11:13] ID:0d9f9f30
瑠璃さんので思いついたけどティ二くん全部測定不可な気がする☺️☺️
体重→体重とかいう概念なさそう(偏見)羽のような軽さ(偏見)(2回目)
握力→測定器ブッ壊す
50m走→そもそも空飛ぶので関係ない
ハンドボール投げ→ボールがどっか行くから測定不可
シャトルラン→速すぎて残像見える

ティニくんは学パロという概念をぶち壊すと信じてる(偏見)(3回目)
105:黒尾 [2020年11月27日 6:41:00] ID:e170c867
指スマ草 俺と同じようなことしてるじゃん…(????)(指マスと指スマを間違えた人)
104:黒尾 [2020年11月26日 21:15:45] ID:6c18dea5
うちの子筋肉事情〜誰得でも無い解説を添えて〜

イーリス…ムキムキって程じゃないけど筋肉はついてる方。若干姿勢悪かったりするのでヒョロノッポだと思われがち。割とあるんです、割と
マルス…最低限の筋肉はついてるけどヒョロい。色白だしヒョロいしで色々と不憫(くそ) Camelot内で腕相撲したら下位に居るのは確か。突き飛ばしたら倒れそう。ささみ食え(????)
アーサー…顔とは合わないけど割と筋肉質だったりする。イーリスよりは(僅差で)筋肉あってオネエ様よりは無い。腕相撲でオネエ様を叩きのめすのが密かな夢。
エンプティ…そもそも身体が子供なので筋肉とか関係ない。あるべき姿に戻った時は筋肉あるっちゃあるかも


余談ですけど、筋肉って 力入れてる時以外は脂肪と同じようなもんらしいです(ムニュムニュ)(広がる妄想)
103:黒尾 [2020年11月23日 21:22:09] ID:176c918e
ぼくちん敵のラスボスの緑髪のやつ好きなんだよなあ!
キュアムーンライトって和泉守兼定みたいだよね(髪の毛の流れ具合が)
和泉守兼定と言えば兼さんもうすぐ極53Lvになるんですよどゅふ( *´艸`)

あと 誰得でもないんですけど、一応代表さんの容姿と設定投稿しますヌン
本当は大分前から考えてたんですけど、あの、なんか今までチキってまして(白目)
102:黒尾 [2020年11月23日 20:46:34] ID:176c918e
ちょっとも〜〜みんなの妄想が尊すぎて黒尾にやにやしちゃうじゃん!!(ベストオブ気持ち悪い)

ぼくちんも妄想語りつくしたいけどテスト1週間前が近付いてきている(尚課題は知らない)
101:黒尾 [2020年11月23日 19:03:43] ID:176c918e
ベラベラ喋りすぎるせいでコメント数3ケタいくのまじ勘弁(自分のせい)
100:黒尾 [2020年11月23日 19:03:03] ID:176c918e
翌朝。

「ん……」

目を覚ますと 視界は真っ暗で、そこでようやく自分がベッドに突っ伏して眠っていたことを自覚する。…そうだ、「イーリスは」顔を上げると、彼はベッドに居らず。どこ行ったんだよお〜と起き上がると 背後から「おはよう」と声をかけられた。「コーヒー飲む?」「飲む…けど」
おまえたった1日寝ただけで熱治ったのかよ??とマグカップを受け取りつつ、怪訝な表情で、紫雨。イーリスの方は、「シグくんのおかげでね」と 微笑しては着ていた寝間着のボタンに手をかける。「ふふん、そうだろ、俺のおかげだよな!!感謝しろよー」ちょっと褒めたら、すぐふんぞりかえるのがこの恋人の可愛いところであり、齢37とは思えないキラキラスマイルにいつも理性を砕かれそうになるのが自分の悪いところである。「うんうん ありがとうね」と彼の額に軽くキスしてやれば 寝間着の上を脱いで Yシャツを羽織る。

…割とキツめ(笑)にカッコつけたが勿論、紫雨の看病で彼の熱が治まるはずは無く、逆に(紫雨がやらかさないかとか色々の)心労で熱が悪化する未来を悟ったイーリスは、昨晩にとある人物と連絡をとっていた。

「…えーと、第一部隊の…」『圸埜葉 八都寧です』「んーじゃあ八都寧チャン」『なぜ"じゃあ"になるのかは分かりませんが…ご要件は?』「俺熱出ちゃってさあ、すぐに治る薬とかない…よね?」『そんな都合のいい薬、私以外の誰も持ってないのわかってて仰ってますね?__仕方ないですね、理由は大体わかっているので、今から届けに行きましょうか?』

というわけで、医療部隊隊長の力を借りた訳だ。(即効性で副作用ナシとかすげーじゃん) …これを飲んで1晩寝ればこの通り、ピンピンに復活である。『その代わり、これから会議には毎回サボらずに来ていただきますからね^^』と言われたのは聞こえなかったフリしておこう。まあ、自分がイーリスを治してやったと思ってルンルン気分でいる恋人を見るのも可愛いし悪くないので裏話まではしないことにしておいた。「さ、はやく任務に行かなきゃね」
99:黒尾 [2020年11月23日 16:51:33] ID:176c918e
39度8分。

パソコン画面の向こうに居るおじさ…代表さんは、「しっかり寝て休みなさい」と告げてブツンと通信を切断した。「…まじかよ」
第二補佐官、イーリス・サーベイランスはついさっき、発熱によりダウンした。…いや、正確に言うと、第一補佐官,時塚紫雨の熱が移ったのだが。こんなことになった心当たりは死ぬほどある。まず彼の看病を自分が立候補したことだ。そこから先もまた色々と思い当たる節はあるが、言わない方が皆の身のためだろう。ここには記さないでおく。
ところで、なにが「まじかよ」なのかというと、発熱した事でも代表直々に休めと言われたことでもない。イーリス的な最大の不安要素は、

「俺がお前の看病をする!!!!」

と、紫雨が自分につきっきりなことだ。
いや別に、付き合ってる相手に看病されるのが嫌な訳じゃない。熱がすぐに冷めようものなら彼に襲いかかっていたろうが、彼も実質病み上がりであり なにより第一補佐官である。ただでさえ自分が倒れているというのに彼まで仕事をしないとなると部下たちに大変な負担がかかる…という理由もあるがなぜつきっきりがダメなのかと言うとそれ以外にもっと大きな理由がある。
普段動揺などしないイーリスをも脅威に陥れる最大の不安要素で最大の懸念…それは、"紫雨が圧倒的家事オンチ"だということだ。『お前にできることは俺にだってできる』と宣戦布告(?)された上に半ば強引にベッドに寝かしつけられ、それからというものの、本拠地のあちこちでどすんばすんと聞いたことも無い効果音が聞こえるかと思えば「おい第二補佐官」なんて マルスが影をつたって心配してくる始末である。「第一補佐官の方は大丈夫なのか??」と。…(いや大丈夫なわけねーじゃん)
朝餉だって、どういう作りでそうなったのかわからないくらいねちょねちょなお粥出してきたし、謎の苦味を感じたし(後にサプリメントの錠剤だったことに気付く)、洗濯物こんもり抱えて歩いては整えといた書類に蹴躓くしで大変だ。(まあでも、俺の事を心配(?)してやってくれてるんだったら拒否もできないなあ…)なんて思いながら、夜。家事の激務に疲れて ベッドによりかかって寝ている彼の頭を「お疲れ様」と 手でぽんぽんしつつも『このままでは俺の体がもたない』という悲しい悟りを開いてしまったイーリスは、助けを求めるべく 通信機に手を伸ばした。「もしも〜し、…今暇?」
98:黒尾 [2020年11月21日 12:44:55] ID:3eb5672d
もう決定したんだと思ってコメ返しなかった!ごめんね!
97:黒尾 [2020年11月16日 21:27:33] ID:6cb2686c
確かにおれも組名を把握できるか不安だからいま見まくってるおれの趣味に対する頭の回転の速さなめんな(ただし勉強には使えない)(とんだ社会不適合者)(つまり黒尾はゴミ)
96:黒尾 [2020年11月15日 19:18:21] ID:0485302f
射手くんかあいいね!!!
ラグエルくんと触覚オソロなの萌えた
95:黒尾 [2020年11月15日 19:09:02] ID:0485302f
いま関係考えてるんだけど良いの思いついちゃったふふふへへっ(きもい)
94:黒尾 [2020年11月15日 8:54:35] ID:0485302f
待って地雷野原駆け抜け組が好きすぎるんだが…圧倒的ギャグ…ハァ!!!(すき)

どこまでも軽快なステップで地雷を駆け抜ける桃ちゃんがすきだ
93:黒尾 [2020年11月14日 21:16:37] ID:bf16520c
アーサーはネタキャラなんだよ許せ(くそ)

いや最初はそんなつもりなかったんだけど段々「あれ…?こいつもしや…」みたいになったから推しの影響って怖いなあって…(と容疑者は供述しており…)
92:黒尾 [2020年11月14日 20:12:25] ID:bf16520c
91
死因:肩代わりしたダメージ+疲労で弱体化+流れ弾に当たる→死体に四肢ひきちぎられる→首ちぎられてEND→エンプティ完全勝利🐐🐐🐐✨

バラバラになった死体は組み立てれば使えます☺️👍
死後10時間以内の死体は血なまぐさくて、死後20時間くらいになると腐敗臭がします。
腕と胴体を切り離すと腕が単体で攻撃してきます。さすがに臓器は切り離しても攻撃してこない
死体は冷却したり、燃やせばどうとでもなる。それ以外の方法で倒してもまた襲いかかってくるので二度手間。
死体に意思はないし痛覚もないので、球体関節みたいに脚とか肩ぶん回して攻撃してくる。(意思はないので単純な動きしかしない。)

このあと、アーサーの死体をティニくんが見つけて、鳥さん達に食べてもらってアーサーはエンプティの"トモダチ"にならなくて済むっていうのを書きたかったけど語彙力がゴミなので諦めた
91:黒尾 [2020年11月14日 19:47:08] ID:bf16520c


弱者は、嫌いだ。
弱者は、姑息な手段で 自分よりも弱い者を傷付ける。弱者は、自分の弱さに見ないふりをする。弱者は、誰かを騙して自分を高めようとする。弱者は、他人の力を奪って己の欲を満たそうとする。弱者は、平気で人を見殺しにする。そのくせ、死にそうになると 思ってもいない、中身がペラッペラの反省文を述べて命乞いをする。自分が生きていればそれでいいと、考えている。

弱者は、みんなクズである。

どいつもこいつも。

こんなクズに、クズな奴らに、負けるなんて、屈辱だ。
体力と怒りの数値は反比例していて、怒りがふつふつと湧き上がってくるのに対し、段々膝の力は抜けていく。それをいいことに、ゾンビ共が寄ってたかってアーサーの四肢を引きちぎろうと手を伸ばして襲いかかってくる。「最後に言い残したことは?さーんはいっ!」ケラケラと笑うヤギは、1人の英雄に集るゾンビの山を見て楽しそうだ。クズだ。クズ。こいつはクズだ。…否、こいつ"は"じゃなくて、こいつ"も"か。
段々視界は死体によって埋め尽くされていく。死体が自分に手を伸ばしてくる。アーサーの体はどんどん解体されていく。左腕、右腕、左脚…とうとう首に手をかけられる。アーサーは、最後の力をふりしぼって、すうっ、と息を吸って、腹からまた吐き出した。抑えきれない憎悪を。(くそっ…くそっくそっくそっくそっ!!ころしてやる!!!ころしてやる!!!!)「この…」


「クズどもがあああああぁあああああああああああああ"あ"あ"!!!!!!!!」


響く断末魔を聞くのは、1匹のヤギと、数体の屍のみ。
90:黒尾 [2020年11月14日 18:42:34] ID:db6e7560
無駄に長い死ネタ(?)が書きたいだけ(ただし意味不明)


「ふーっ、ふーっ…」

ふらつく身体、ちぎれそうな腕、被弾して引きずる足…
息を吐いてばかりで、吸えなくなっていく。よろけた体が地につかないように、垂直に地面に突き立てた聖剣は、そこで役目を果たしきったかのようにボキンと折れた。「…まだ……負ける 訳には…っ………」"肩代わり"して蓄積したダメージが、日をまたぐような長期戦で溜まった疲労が、そのまま質量となって背中にのしかかってくる。もう、もうこれ以上折れてくれるなエクスカリバー。

「ボクの、トモダチになってくれるよね?」

そうやって笑うのは、ガトリングを持ったチビガキ…じゃなくて、少年。笑うといっても、チープなヤギの仮面で素顔は隠れているが。トモダチになれという強制的な要求を、(今は血液が滲んで綺麗さが霞んでいるが)暗い金髪の男…Camelot第二部隊 防衛隊長、アーサー=ディートリヒは、唸るように拒絶した。「貴様のような者の下僕になんざ……死んでも、なりたくない」それに 目の前で"トモダチ"になった隊員を見ている。なりたいなんて言う方が阿呆だ。臓物は飛び出たまま、関節の構造を無視した機械的な動き、白ともいえない死んだ肌の色…おまけに血腥い。獣人であれば激臭に耐えきれずに失神するだろう。このガキ、殺した相手を一定時間 操る力を持っているらしい。

__死んでいる人間は、生きている最中の人間の潜在能力の100%を出しきることが出来る。リミッターが外れたそれは、とにかく力が強い。アーサーの左腕の骨を握りつぶしたのも死体の内の1匹だ。ただ、力が強いだけならアーサー1人でもすぐに斬り倒せる。問題は、"相手が死体であること"だ。相手が死体である限り、斬っても斬っても、死なない。既に死んでいるのだから。倒しても倒しても、また起き上がってくる、斬った一部がまたこちらへ襲いかかってくる。現に、今アーサーの腹には誰かの、爪の尖った手が、ぐぐ、とくい込んでいる。…死体を操る"本体"にトドメを刺さない限りは、この死体どもの相手を日が昇るまでしなければならないのだ。アーサーはこの手の能力が死ぬほど嫌いである。死んだ人間(の体)を、不本意に操る…クズ極まりないったらありゃしない。どいつもこいつも。…しかし、(…増援は、来ない…)多分。通信機からは『もしもーし、アーサーくん、君いまどこにいるの』と、聞きなれた補佐官の声がするが、仮にいま、増援が来ても……自分の醜態を味方に晒したくはない。そんな中、「なんでトモダチになってくれないの」とガトリングの銃口をこちらに向けて少年は言う。こちらに向けて、とあるが少年とアーサーとの距離は、動く死体共を挟んでいるため、少し遠い。少年からはアーサーの顔がほとんど見えないし、アーサーからも少年の顔はあまりわからない。安っぽいヤギの仮面がちらちらと見える程度である。「ボクはこんなにトモダチ思いで、努力して、害虫を潰してきたのに、社会のゴミを、こんなにも潰してきたのに…ボクはみんなにとって、"ヒーロー"のはずなのに…どうしてトモダチになってくれないのかなあ」少年は言った。「期限が切れたら、バイバイするけど」
89:黒尾 [2020年11月13日 20:46:11] ID:ebbfab8a
授業中目が合ったら

テオくん…凝視してくる。逆にこっちが恥ずくなる。
紫雨くん…満面の笑み。(オマケにイーリスから殺意のこもったアツい視線もついてきます♡♡)
イーリス…ゲススマイル。あとで何をされるかはあなた次第(くそ)
イグニスオネエさま…周りに気付かれないように投げキッス。投げキッスキラー。
麗桜ネキ…授業中寝てる系女子。うしろの八都寧ちゃんに椅子を蹴られて起こされます。
八都寧ちゃ…なぜ見つめられているのかわからなくてただただ見つめ返す。
マルス…キレながら口パクしてくる。「ま え を み ろ!!!!!」
ラグエルくん…はずかしくて目泳ぐ。それから顔隠す。
桃たそ…両指ハート。キュンです🥰🥰
トゥルヌソルちゃ…赤面して〜!!!!!
エンプティ…お菓子差し出してくる。「おなかすいたでしょ??」
カルミアくん…ジェスチャーでごはん催促してくる「はらへった」
リブラくん…保健室で寝てる系男子
ヘミくん…いつも通り人畜無害スマイル。この子の頭はんぶんこしたらどうなるかなあとか思われてるのでは??()
88:黒尾 [2020年11月12日 21:48:00] ID:de1b1b8b
みんなの字体のやつ解釈一致すぎて…(切実)
授業中目が合ったらのやつ書きたい(ただし寝る)
87:黒尾 [2020年11月12日 7:31:08] ID:97048476
ソッコーで飽きた
86:黒尾 [2020年11月12日 7:30:43] ID:97048476
イレズミのはなし


「痛っ…」

傷口に消毒液が染みて 思わず顔を顰める。ここは医務室で、マルスは現在、背中に喰らった大きな切り傷の手当をしてもらっているところだ。医療部隊隊長の圸埜葉 八都寧も 苦笑い。「手当をしないと傷は癒えませんよ」もっともだ。だがこの男、医務室に強制連行されるまで頑なに治療を拒んだ。アンティニアがマルスを気絶させていなければ彼は背中からの出血多量で死亡していただろう。ただでさえ鼻血が出やすい体質だと言うのに。…彼の目が覚めた時、なぜ医務室が嫌かを尋ねて「薬品くさい」と答えられたのには呆れたものだ。それにしても 斜めに切られた傷口は大きく、1回でも激しい動きをしたらまた出血しての繰り返しになりかねない…八都寧も医務担当としてのプライドとして彼を放置させておく訳にもいかず、「この傷を治さなくては、仕事に集中できないですよ」なんて気休めのセリフを吐いては包帯で彼の胴体をぎゅっと縛る。心を鬼にして、唸り声は無視。
「…そういえば、」と、八都寧は彼の首元を見た。正確には首元から胸にかけて、だが。黒い翼のような模様が彫られている。「これは一体、どういう経緯でできたものでしょう」
すると彼、ぎくりと肩を震わせた。「そ、それはその……」
85:黒尾 [2020年11月10日 17:27:42] ID:a981599b
さすがにキャラのあれがあれなのでもう黒尾はキャラ作りません皆さんに託しましたおやすみなさい( ˘ω˘ ) スヤァ…
84:黒尾 [2020年11月10日 11:36:33] ID:a981599b
さそりんに踏まれてえ
83:黒尾 [2020年11月9日 21:37:06] ID:db14ab26
ラグエル:昨日病院に行ったら、
診察室から先生と患者の声が聞こえてきた。

ハツネ「食欲はありますか?」
イーリス「おかず次第です」



マルス:最悪だ……母さんが親父と喧嘩して、家を出ていってしまった。
親父も俺もマジ焦ってるんだけど、ついさっき母さんから俺宛にメールが来た。
「突然いなくなってごめんね。母さん頭を冷やそうと思います。しばらくフランスのロンドンへ渡米します。」
あの野郎…どこ行きやがった!!(血管ぴきぴき)
82:黒尾 [2020年11月9日 19:53:02] ID:db14ab26
アーサー口調れんしゅ

通常「私にこれをくださるのですか?…いいえ、貴方様がこのような事をしてくださるとは思ってもいませんでしたので」「それはよい判断です。よく耐え抜きましたね」「よく食べて よく寝ることは 大事な事だと母上から聞きましたよ。(訳:眠いんだよこっちはさっさと寝かしやがれ)」「私に任せてください」「失礼、貴方様の髪に埃がついていました故」「手合わせ願っても?」

仲悪い人「や、…貴様のような泥まみれの豚は地を這うのがお似合いだな、と思っただけだ」「その有害物質しか吐けない口を塞いでやろうか?」「3秒待ってやる。いますぐその薄汚い蹄で剣を抜け」「どうだ?俺に跪いた気分は…俺の方は気分がいいぞ。絶景だ(笑)」

好きな人「ふふ、よく目が合いますね。…いえ、なんでもありませんよ」「そのような表情をされると…困ります」「私は貴方様のことを愛おしいと思っていますよ」「〇〇殿♡」

戦闘「私の間合いの中に居なさい。間合いの中なら守れます」「貴方はそのまま前線に突っ走ってください!痛みは私が引き受けます__」「守護障壁を展開する」「おや、こんなところで彷徨いていては ころされてしまいますよ__猟犬に」「どのような容姿であっても暴徒であることには変わりない…故に俺は貴様を斬る」「しね」「エ"クスカリヴァッッッ!!!!!」
断末魔「クズ共がぁあああああああ !!!!!!!!!!」

文面では表現できないけど、戦闘以外は常ににこにこしてます。微笑。
81:黒尾 [2020年11月9日 18:17:01] ID:5c60fccb
唐突にやりたくなったコピペbot

アーサー:煙草吸ってもよろしいですか?
ハツネ:どうぞ。ところで一日に何本くらいお吸いに?
アーサー:ふた箱くらいですね。
ハツネ:喫煙年数はどれくらいですか?
アーサー:30年くらいですね。
ハツネ:なるほど。あそこにベンツが停まってますね。
アーサー:停まってますね。
ハツネ:もしあなたが煙草を吸わなければ、
桃:ちくわ大明神
ハツネ:あれくらい買えたんですよ。
アーサー:あれは私のベンツですけど。
ハツネ:誰だ今の

アーサーはタバコ吸いません!!!()
80:黒尾 [2020年11月9日 7:43:46] ID:5c60fccb
トゥルヌソルちゃんの"トゥルヌソル"の意味調べてメルレルくんの過去話見たらだめだよみんな鳥肌とまらんから()
79:黒尾 [2020年11月8日 21:53:31] ID:2ff340a9
ただただ「エ"ク"ス"カ"リ"ヴァ"ッ"ッ"ッ"!!!!!」って叫んでほしくて作っただけとか、そういうんじゃ、ないからね!!//(クズ)
しまった…アーサーの関係募集し損ねた…(オワオワリ)
これからみんなの関係募集投稿に突撃しに行くかもです👍👍
78:黒尾 [2020年11月8日 21:23:31] ID:2ff340a9
防衛隊長投稿できそうなのに晩飯(アウト)
77:黒尾 [2020年11月8日 19:23:38] ID:2ff340a9
ひええ…好きとか言われたら調子乗るじゃん!!(くそ)
76:黒尾 [2020年11月8日 13:11:52] ID:2ff340a9
飽きた☺️☺️
75:黒尾 [2020年11月8日 12:49:37] ID:2ff340a9
一方、地上。

「ママのところへかえりたいの」

第二補佐官…イーリスが屈んで話を聞いているのは、ぬいぐるみを抱えた少女。大型施設から救出した少女だ。数刻後に目の前の建物は爆散する。なので、中に居た一般市民を全員救出してからかけつけていた第二部隊の隊員も撤退するように命令したのだが、1人 応答がない。建物のかなり上のフロアにそれらしき者の体温を感知したから恐らくそこに居るのがその迷子だろう。…が、少女をこの爆発の収まらない地帯に残すことは許されない。少女の方は母親とはぐれたらしく、ずっと「ママのところへ帰りたい」と言うばかりだ。(こんなんじゃ、埒が明かないな…日が暮れてしまう)そんな時だった。少女が、ぬいぐるみともうひとつ、なにか手に持っていた。「ねえお嬢ちゃん…それは何?」

「これはね、ママのところにかえるすいっちだよ」
にこにこと笑う少女にイーリス、「…そうか、じゃあ安心して帰りな。ここはにーちゃん達でなんとかするから。」と笑った。ありがとうお兄ちゃん!と抱きついてくる少女を半ば引き剥がしながら、言う。「くれぐれも、夜道には気を付けるんだよ__」

『さもなくば、死神が出るぞ』

すぱっ。金属音が響いたと思えば、少女の体は首から胴体にかけて斜めに袈裟斬りにされ、まっぷたつになった。「ナイス〜マルくん」返り血を間近で浴びないようにバックステップで距離をとったイーリスは、足元に転げ落ちてきた起爆スイッチを拾い上げる。「こいつが今回の爆弾魔だな?___それと、」
迷子を拾ってきた。と、うしろで突っ立っていたラグエルを見、マルスはまた影に姿を消した。「あ〜君か、迷子くんは」「ひっ…」
74:黒尾 [2020年11月8日 11:53:52] ID:2ff340a9
.

大海にでも飛び込んだかのように聞こえるそれは、ラグエル等が地面に落下した時の音というか、地面に"潜り込んだ"時の音といった方が正しいだろうか。ごぽごぽと空気の泡が真上に浮いていくのがわかる。息を止めていろと言われたがいつまで止めていればいいのやら。口の中にできるだけ空気を貯めつつ、周囲を見渡す。「………」
まるで海の底、深海のような場所だった。なんの物音も聞こえず、視界は常に真っ暗。どこが左右で、どこに向かえばいいのか全く示しがつかないような、そんな暗い場所だった。ラグエルをかつぐマルスは平然としてその暗闇の中をずんずん進んでいく。そして、ここが彼の縄張りであることにきづいた。(俺には到底進めそうにない道だ)
…というかなぜ彼は自分が施設内に居たことを知っていたのだろうか…施設内で、彼は 己を見つけた瞬間 なにも言わずに担いで走り出した。本拠地に帰還したら「足をひっぱるな」などと 怒られるのだろうか…自分が生きて帰還すること自体に褒めて欲しいが。彼、常にキレ散らかしているような印象だ。正直、怖い。身長差的に言うと物理では全く恐れはいらないだろうが…鋭い視線が痛いくらいだ。
そんなこんなをぐるぐる考えているうちに、段々ラグエルの息が苦しくなったところで頭上に光が見えた。地上に突っ込むようだ。

ざぱぁ。

死神は懲りず地を這う罪深き者に鎌を振るう。「散れ」
73:黒尾 [2020年11月7日 21:36:14] ID:d04242a9
気分で書きたくなったやつ
.

墜落。

簡単に言えばそう。
夕日を背に、バリン、と窓を割って外の世界へ飛び込んだ。
一瞬、体がふわりと浮いたかと思えばそのまま地面へ急降下していく。(__まずいまずいまずいまずい…まずい……)まずすぎるとは思うがしかし 解決策はなく、ただただ落下の感覚だけを感じているのはラグエル。第二部隊の隊員だ。つい先程まで、とある区の大型施設内に暴徒が潜んでいるとの情報を聞いてかけつけてきたは良いものの、到着した時には既に争いは始まっていた。建物内に響く爆発音や悲鳴を耳に強制的に焼き付けられては(あああもういやだ…俺はなにもできないのに…)と頭を抱えてうずくまっていた…ところを、

「落ち着け。一般市民は全員救助されている」

と 平然とした顔で言う、己と共に落下していく上司(?)と見られる男…マルス・アルマルに拾われて、そのままかつがれている。ちなみにラグエルをかついだまま窓ガラスに飛び込んだのも彼だ。自分より小さいのによくやるな…とは言わず。言おうものならそのままあの爆発地帯に置いてけぼりにされかねない。「……いや、」
落ち着いていられるものか。叫んでやりたかったがこんな高層階から落下している最中に大きく口を開こうものなら思い切り舌を噛んでしまうだろう。泣き叫びたい気持ちを抑えつつ、「なにか…方法はあるのか…」と 恐る恐る彼の顔を見てみたらなんとこの白髪てるてる坊主、切っ先鋭い鎌を片手で振り上げた。そんでもって、建物の影の伸びた地面に、鎌を突き刺そうとした。…いや普通に頭が悪い。そんなことをしたって落下の衝撃は抑えられない。鎌がポッキリ折れてそんで自分たちも首からポッキリ折れて終いだ。なんだこの馬鹿脳みそもシワなくてるてる坊主なのかなんて思うが、地面に鎌が刺さるまでにその考えは間違っていることに気づく。「少し息を止めていろ」

どぷん。

コンクリートの地面に落下したとは思えない、そんな音が聞こえた。
72:黒尾 [2020年11月7日 13:45:18] ID:fd0a8dab
もしイーリスが紫雨くんとカプ組んでなかったらイメソンdadaになってた(謎報告)
テルテルのイメソンとは(哲学)
71:黒尾 [2020年11月6日 21:12:57] ID:ffa04580
38
の話の続き書くとか言ってたけど結局書いてないっていうあれ(ネタとキャラが云々…)(白目)
誰か続き書いて(さすがに嘘)(あわよくば精神)(お風呂いって寝ます)(おやすみ)

明日は朝から部活なのでね…早寝せなあかんのですよ…へへ…
70:黒尾 [2020年11月6日 18:26:14] ID:e4ee973a
企画全体(?)のイメソンというかこんな感じって感じの曲は、影光SPECTRUMかなーって
69:黒尾 [2020年11月6日 7:20:50] ID:e4ee973a
はい解釈一致いただきました!!!(?)
いやまじでおねえさま初めて見た時からKILLER B絶対合うと思ってた
68:黒尾 [2020年11月5日 21:58:10] ID:08ad3d96
コンパスやってて思ったんだけどオネエさまKILLER B も合いそうじゃない??(?)
67:黒尾 [2020年11月5日 21:42:33] ID:08ad3d96
まって一人称あーしの子はもう強制的に推しになるんだよ桃ちゃぬ推すね…(????)

小説の削除

削除キー